So-net無料ブログ作成

ストレッチでエネルギー消費量アップさせるには? [ストレッチのダイエット効果]


biyou_0001.jpg


ストレッチをするだけでも、ダイエットの強い味方になります。

普段運動不足の人が、運動をすることによって
思わぬ怪我をしないためにも筋肉をほぐしてくれたリ、
関節を柔らかくするストレッチは効果的です。


疲労物質を減らしてくれるため、上手に取り入れることで、
リラックスすることができるので、ストレス緩和にも役立つので、
ストレスによって食べたくなってしまう人にはオススメです。


また、普通に運動をするよりも、
ストレッチをすることによって、全身の代謝がよくなります。

それによって自然にエネルギーの消費量をアップしてくれるので、
自然に燃焼しやすい状況を作ることができます。


また、疲労回復や血行が良くなるため、健康面にも良く、
それによってもまたダイエットには
プラスの効果をもたらしてくれます。


軽く体を動かし、筋肉をほぐしてあげるだけでも、
充分に効果があるので、運動の前やデスクワークで動かなかったり、
運動不足の人は、ぜひストレッチをするように心がけましょう。



健康を考えながら、痩せる体質を目指しませんか?











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:美容

.ダイエットはペース配分で決まる! [太る体質を改善]


det11.jpg


もうすぐ夏がやってくる!


という時期になると、「そろそろダイエットしなきゃ!」[あせあせ(飛び散る汗)]


と焦って、短期間でダイエットに挑戦する人が多いですが、
失敗する人がとても多いのです。


「ダイエットしょう!」


と決意して始めるのはいいのですが、数日経つと半数以上が、
息切れ状態で、リタイア寸前になります。


どうしてか?


答えは、張り切りすぎて最初からハイペースになるからなんです。



実は、ダイエットはマラソンのようなもので、ペース配分が重要なんです。


det1.jpg




ペース配分の続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:美容

適正体重の計算式について [適正体重]


det4.jpg


痩せている、太っていると自分の視覚で判断し、
痩せたいと思っている人も多いと思いますが、
自分の適正体重はいくつか知っていますか?


理想のスタイルとよく言いますが、女性の場合は特に
「やせすぎ」の人を理想的という傾向があります。


自分の身長に対する適正体重は簡単に求めることが
できますので、一度計算をしてみてください。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:美容

カロリーコントロール [太る体質を改善]

det17.jpg


ダイエットをする時に、1日の摂取カロリーは1200kcalにし、
カロリーコントロールをすると良いと言われています。

しかし、ただカロリーコントロールをすれば良いだけではありません。

偏った栄養素では、思うようにダイエットはできないので、
きちんと栄養バランスを考えていかなくてはいけません。


蓄積している脂肪を燃焼しやすくするのに、
カロリーコントロールは最適ですが、エネルギーとなるものは
きちんと摂取していかなくてはいけません。

ただ体重を減らすだけではなく、ダイエットでは筋肉を鍛え、
代謝をアップしていかなくてはいけませんが、栄養バランスが悪いと、
体重が減るだけで体脂肪は変わらず、
太りやすい体質になってしまうのです。

そのため、目標体重を達成した後に、元に戻したら
体重はあっという間に戻り、前以上にもなってしまうような
リバウンドの可能性も高くなります。


カロリーコントロールをする時は、
肌の調子や健康面の様子をみながら、
体脂肪の量を確認していくようにしてください。

筋肉がつけば、体重というのはあまり減らないので、
痩せてない…と感じるかもしれませんが、
体脂肪が減っていれば、ダイエットはうまくいっています。


食事制限をするカロリーコントロールではなく、
栄養バランスを考えたカロリーコントロールをしていきましょう。



痩せないダイエットはもう終わりにしませんか?


⇒置き換えダイエットって痩せるの?









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

.お腹を満たす食事がポイント [ダイエット失敗の原因]

05.jpg


ダイエットで失敗する理由のひとつが食事制限です。



空腹感に耐えられず…という人もいますが、
そんな辛いダイエットは続かないだけではなく、
リバウンドしてしまう可能性もあります。



ストレスにしても、我慢にしても「反動」がよくないのです。


とはいえ量も少ないし、お腹がすいて
当然と思っているかもしれませんが、そうではありません。



お腹が空いて食べるを繰り返すと、反動で食べてしまうだけ
でなく、からだも脂肪をつけようとします。



それならば、同じカロリーでも3回で食べるところを
5回にすれば、空腹感を減らすことができます。


また、食べるものによっても変わります。


カロリーの少ない野菜をたくさんの種類を食べることが
できる鍋などは、普通の量より多めに食べることができて、
栄養も豊富に摂取することができます。


生で食べるのは難しい量でも、
鍋にするとたくさん食べることができます。


腹持ちの良いものや、低カロリーでたくさん食べることが
できるものを食事の時に考え、ゆっくりよく噛んで満腹感を
出して、お腹を満たすようにしていきましょう。


その場が満たされるだけでなく、大切なのは次の食事までの
空腹感のない方法を考えるようにしてくださいね。


置き換えダイエットといわれる方法も、ただ単に食事を抜く
ということを防ぐ意味では効果的です。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:美容

アルコールの摂り過ぎは脂肪になる [食生活の改善]


natu_0370.jpg


アルコールは飲み方によっては、ストレス発散にもなり、
消化能力を上げてくれたり、血行が良くなったりとメリットがあります。



しかし、何にしても度が過ぎてしまっては
マイナスに作用してしまいます。



アルコールも適度に飲めば、体には良いとされていますが、
飲みすぎてしまうと、中性脂肪を増加させます。



また、アルコールには食欲増進効果があります。



そのため、ついつい飲みながら一緒に食べる量も増えてしまうため、
カロリーオーバーしてしまうことがあるのです。



脂肪の分解に必要な代謝ホルモンも低下してしまい、
内臓脂肪を分解できずに、太りやすくなり、
痩せにくい体質にもなってしまうので、
アルコールの摂りすぎはよくありません。



脂肪肝などになれば、あとあとがんなど病気になることもあり、
ダイエットだけでなく健康にもデメリットがあるのです。



とはいえ、やめるとストレスがたまる! という人もいますので、
そんな時にはグラス一杯など少なめを心がけてください。


上手に活用すれば、代謝も良くなるので、
アルコールは摂りすぎず味方にしていきましょう。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

食事を抜くダイエットは逆効果 [食生活の改善]


haru_0102.jpg


朝食を抜いたり、夕食を抜くダイエットがありますが、
空腹はストレスを高めるのでよくないと言う話もありますよね。



たしかに、空腹はダイエットには天敵です。



体もエネルギーがなければ、燃焼することができず、
代謝も悪くなってしまい、結果的に体内が飢餓状態になると
次には行って来た食べ物を備蓄しようと脂肪をつけてしまい、
逆に太りやすい体質になってしまうこともあるのです。



カロリーを減らすために食事を抜くのであれば、
食事量を減らし、食事回数を増やす方が、
バランスよく栄養も摂取でき、効果的です。



プチ断食などもありますが、ゆっくり体を慣らしたり、
体内浄化のために水分はきちんと補給します。



また、カロリーを摂り過ぎた時にも燃焼させるために
肥満の人が食事を抜くと言う方法がありますが、
それは過剰にカロリー摂取をしているため、
医師などのアドバイスが元で食事を抜きます。



体内の脂肪を燃焼したいと思い、
食事を抜くダイエットする人もいますが、
肥満の人向けダイエットと言えるかもしれません。



病院で正しく方法を聞いている人には有効で、
一般的には空腹にするよりも栄養バランスを
考えていく方がダイエットには効果的です。

















⇒ダイエットが続かない(失敗する)理由
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

逆立ち?さかさまダイエット? [さかさまダイエット]


biyou_0018.jpg


最近友人が痩せたので、どうやって痩せたのかと
聞いたところ、教えてくれません。


秘密!とかいって笑いながらはぐらかすので、しつこく聞くと
昨年ブレークした「さかさまダイエット」だか「逆立ちダイエット」
だかいう方法らしいのです。


テレビでよく目にするのは、「トマ美ちゃん」ばっかりですし、
あまりにダイエットのCMが多すぎてうんざりしていたところなので、
ちょっと新鮮な驚きでした。


そもそも逆立ちすることがダイエットになること自体私は
信じられないし、とても辛そうなイメージがあります。


でも、その彼女は「デブ」と言うほどではなかったのですが、
ポッチャリ型で、決して痩せているとかスタイルがいいという
訳ではありませんでした。


何キロ痩せたのかを聞いたところ、14キロと言ってました。


期間は5か月だそうです。



その彼女曰く、
「いちばんうれしいのは痩せたこともそうだけど、
 胸(バスト)がちゃんと残ってなおかつ形も良くなったこと」


と嬉しそうに話す様子を見て、自宅へ帰りこっそりとその
「逆立ちナントカ」をチェックしたのでした。


⇒逆立ちダイエット?さかさま?みたい方はどうぞ












川本彩のモデル伸長法【身長アップの駆け込み寺】

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:美容

五大栄養素は必ず摂ることは前提 [ダイエットに必要な栄養素]


dish20.jpg


ダイエットといえば食事制限というくらい、
食事は大切なポイントになります。


ダイエット中だから、食事は気にして
低カロリーというのは良いことですが、
低カロリーでも偏った栄養では意味がありません。


炭水化物や脂肪、タンパク質を控えたり、
炭水化物ダイエットなど人気になりましたが、
実はこの3つとビタミン、ミネラルの5つが五大栄養素で、
ダイエットには必須の栄養素になります。


それぞれが役割を持っていて、
健康に痩せるためのサポートをしてくれます。



特にタンパク質や脂肪、炭水化物は控えめにするダイエット法が多いですが、
体を作ったり、エネルギーになったりする必要な栄養素です。



そのため、不足すれば、肌荒れや抜け毛、
疲労感やイライラしてストレスを感じることもあるのです。



五大栄養素はきちんと摂取し、ダイエット時の運動のエネルギーや
燃焼率をアップし、健康で綺麗に痩せる!を心がけてください。



むやみに減らすのではなく、栄養バランスをきちんと考えた
食生活をしてください。


今日からできる変身計画をはじめませんか?









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:美容

過激なダイエットはリバウンドに注意 [リバウンドについて]


過激なダイエットは、体重が減るだけで
実は体脂肪が減っていないということがあります。


とにかく痩せたいと言う人が、
過激なダイエットをすることがありますが、
体脂肪が減らなければ意味がないのです。


また、体重だけではなく、筋肉量も減少していきます。


筋肉量が落ちると基礎代謝も落ちてしまうため、
目標体重なって普通の生活に戻すと一気にリバウンドします。


食事量やカロリーを減らしていて、
過激なダイエットの後に元に戻すと、代謝も悪く、
元の体重どころかリバウンドして
前以上になってしまうことがあるのです。


痩せるということは、ただ体重を減らすのではなく、
体脂肪を減らし、太りにくく痩せやすい体質へと
体質改善をしていくことです。


過激なことをすれば、体も守ろうとします。



それによって、反動で脂肪を体内に増やそうとするので、
過激な分だけリバウンドも激しいのです。


筋肉を落とさず、ゆっくり時間をかけても確実にダイエットし、
一時的ではなく、毎日の生活を変える習慣を身に着けてください。



理想のスタイルに変身しましょう!!















【7日間で口臭を解消】

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。